Apple Payの仕組みや使い方

Apple Payを利用して便利でオトクな生活を送りましょう!

Apple Payとは

Apple PayとはiPhoneで利用できる電子マネーです。

ApplePay対応のクレジットカードやプリペイドカードを設定すれば利用できます。

iPhoneをかざすだけで支払いができるので簡単に誰でも利用できます。

入会金や年会費は無料で登録できます。

さらに、Apple PayにはSuicaも設定ができるので、電車もバスも利用ができます。

Apple Pay対応機種は

  • iPhone7以降のiPhone
  • Apple Watch Series 2以降のApple Watch

※海外で発売された機種は一部利用できません。

Apple Payの利用できるお店

Apple Payを利用できるお店は、登録するカードによって異なります。

クレジットカード・プリペイドカードの場合

クレジットカードやプリペイドカードをApple Payに登録すると「ID」または「QUICPay」で登録されます。

どちらで登録されるかは、カード会社が決めるので、利用は選べれません。

カードを登録するとiPhoneの画面に表示されます。

「ID」または「QUICPay」それぞれ対応する、お店で利用できます。

Suicaの場合

Suicaを登録すると、電車やバス、お買い物に利用できます。

されに「交通系ICカードの全国相互利用サービス」に対応しています。

関西のJRも私鉄の利用ができるので、便利です。

Webの利用

MastercardをApple Payに登録すると、iPhoneのアプリやインターネットショッピングの支払いに利用できます。

アプリやWebサイトにクレジットカードなどの番号を入力しないので安心して利用できます。

お店でApple Payの利用方法

お店で利用する場合、「ID」または「QUICPay」で支払いたい旨を伝えます。

お店によっては「Apple Pay」で支払いたいと伝えると利用できます。

iPhoneでWalletを開き、生体認証をします。

後はスマホをかざすだけです。

電車やバスで利用する場合

電車やバスで利用する場合、iPhoneをかざすだけで利用できます。

アプリの起動も不要です!




Apple Pay使いこなしガイド

Apple Payの基本

Apple Payの登録手順

Apple Pay

healthy and fun
タイトルとURLをコピーしました